烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

横浜中華街関帝廟

 横浜中華街にある「横浜中華街関帝廟」へお参りしてきました。三国志で有名な関羽が祀られています。
 関羽は中国後漢末期に実在した人物で蜀を建国した劉備に仕えた武将です。猛将として知られる一方、義理を重んじ曹操など敵方からも称賛された武将であったと言われます。
 後世の時代、関羽は神格化され、彼を祀る廟が建設されます。特に商売の神様として全世界に散らばった華僑は各地に廟を建設しています。
 横浜中華街にある「横浜中華街関帝廟」は、幕末に横浜が開港して、この辺りに外国人居留地として多くの中国人が暮らすようになる中、一人の中国人が小さな祠を建て関羽の木像を祀ったのが始まりと言われます。
 1871年には、華僑たちの募金により本格的な初代関帝廟が建立されています。
 その後、大正12年(1923)の関東大震災、昭和20年(1945)の米軍による横浜大空襲で、二度、中華街一帯は壊滅的被害を受けます。関帝廟もこの時倒壊しますが、その都度、中華街復興のシンボルとして再建されています。
 昭和61年(1986)元旦に関帝廟は火災に見舞われ、再び焼失しますが、この時も再建委員会が組織され、平成2年(1990)に現在の四代目関帝廟が再建されます。
 中華街では毎年、関羽の生誕日である旧暦の6月24日に盛大な夏の祭りである「関帝誕」が開催されます。
 関帝廟は中華街に暮らす人たちの信仰の場としてだけでなく、観光地として現在も多くの観光客で賑っています。

関帝廟へ通じる「関帝廟通り」
関帝廟へ通じる「関帝廟通り」

関帝廟入口
関帝廟入口

中国風の狛犬
中国風の狛犬

関帝廟
関帝廟

横浜市中区山下町140番地
スポンサーサイト

| 旅行記 | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。