烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

横浜天主堂跡

 横浜市中区の中華街朝暘門近くに「横浜天主堂跡」の碑があります。
 安政6年(1859)に横浜が開港すると、キリスト教布教のために、多くの宣教師が来日します。
 フランスのパリ外国宣教会より派遣されたジラール神父は、万延元年(1860)、横浜居留地80番地(現中区山下町80番地)に教会建設用地の借地権を取得し、教会堂の建設に取りかかります。建設費は、宣教会からの送金以外に、日本在住の各宗派の外国人からの寄付で賄われたそうです。
 こうして文久元年(1862)に完成した開港後最初のキリスト教会堂は、正式名称を「聖心聖堂」と言いましたが、建物に「天主堂」の名が掲げられていたため、天主堂とも呼ばれていました。
 教会堂は明治39年(1906)、山手44番地(現:山手町44)に移転しますが、関東大震災で崩壊。再建されたのが現在のカトリック山手教会です。
 碑は昭和37年(1962)、天主堂創建100年を記念して最初に建てられた場所に建立されました。

横浜天主堂跡
横浜天主堂跡

「横浜天主堂跡」の碑
「横浜天主堂跡」の碑

現地説明板
現地説明板

神奈川県横浜市中区山下町80
スポンサーサイト

| 明治・大正時代 | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。