烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

囲碁家元・三世安井知哲の孫 渋川則休

 品川の東海寺大山墓地にある天文方・渋川家の墓所、その一番奥にあるのが5代目・渋川則休(しぶかわ のりよし)の墓です。
 則休は、第3代天文方渋川敬尹の嫡男で、囲碁家元安井家の三世安井知哲の孫にあたります。
 享保2年(1717)に江戸で生まれ、10歳の時に父が急死、則休はまだ若すぎるとして渋川春海の門人、渋川敬也が渋川家および天文方を継承して則休はその養子となります。ところが養父の敬也も一年後に亡くなり、則休はわずか11歳で天文方に就任します。
 延享3年(1746)、徳川吉宗は貞享暦の改暦のため則休を改暦御用に任じますが、則休は暦学未熟を理由に固辞。
 幕府は則休と共に天文学者の西川正休を天文方に任じて則休の指導に当たらせます。また、天文方の管轄を寺社奉行から若年寄に改め則休を支援する姿勢を整えた上で、改めて則休と西川に正式に改暦命令を出します。
 寛延3年(1750)2月27日に上洛した二人は京都で改暦のための観測事業を行うとともに、陰陽頭土御門泰邦との協議を開始。しかし、桜町上皇崩御のため作業が一時中断され、江戸に戻っていた則休は寛延3年(1750)8月に病のため34歳で急逝しています。
 渋川家は弟の渋川光洪が継承しますが、改暦作業では西川を京都から追放した土御門泰邦に主導権を奪われてしまいます。また、光洪も子供がなく養子を迎えたため、渋川家における安井家の血筋は途絶えています。

渋川則休の墓。法号は真涼院天山紹心居士
渋川則休の墓。法号は真涼院天山紹心居士

側面「天文博士 渋川六蔵墓」の文字。六蔵は則休の通称。
側面「天文博士 渋川六蔵墓」の文字。六蔵は則休の通称。

側面に命日「寛延3年8月21日」と刻まれています。
側面に命日「寛延3年8月21日」と刻まれています。

【関連記事】 天文方・渋川家の墓


東海寺大山墓地(東京都品川区北品川4-11-8)
スポンサーサイト

| 安井家 | 09:49 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。