烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

渋川春海の嫡男 渋川昔尹

安田家の墓所
渋川家の墓所

渋川昔尹の墓 戒名は「涼雲軒自肯元性居士」
渋川昔尹の墓 戒名は「涼雲軒自肯元性居士」

墓石の裏側に刻まれた昔尹の名
墓石の裏側に刻まれた昔尹の名

側面には亡くなった年である「正徳5年」の文字が刻まれています。
側面には亡くなった年である「正徳5年」の文字が刻まれています。

 以前、品川区北品川の東海寺大山墓地にある囲碁家元・初代安井算哲の長子で初代天文方の渋川春海の墓を紹介しました。そして、その後の天文方を務めた当主の墓についても少し紹介しましたが、墓所の中には囲碁界と関わり深い人物もいますので改めて紹介します。
 二代目天文方の渋川昔尹(しぶかわ ひさただ)は、春海の長男、つまり囲碁家元安井家初代算哲の孫で、天和3年(1683)に生まれています。幼名は亀之助、通称図書といいました。
 元禄12年(1699)に将軍徳川綱吉に拝謁、同年、「天文成象」を書き著しますが、これは、主に春海が手がけたものだったと言われています。
 春海は昔尹に大変期待をかけ、正徳元年(1711)には天文方の地位を譲っています。しかし、昔尹は4年後の正徳5年(1715)に33歳の若さで急死、ショックを受けたのか父・春海も半年後に後を追うように亡くなっています。
 ちなみに渋川昔尹の夫人は春海の弟である三世安井知哲の長女です。さらに昔尹には跡継ぎがいなかったため、春海は亡くなる直前に安井知哲の次男・敬尹を養子に迎え跡を継がせています。

東海寺大山墓地(東京都品川区北品川4-11-8)
スポンサーサイト

| 安井家 | 20:32 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。