烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

天誅組の墓

 京都霊山護国神社に幕末の尊皇攘夷派の武装集団「天誅組」メンバーの墓があります。
 文久3年(1863)8月13日に長州藩を中心とする尊王攘夷派は孝明天皇が神武天皇陵を参拝し攘夷親征の詔勅を発する「大和行幸」を画策します。土佐脱藩浪士の吉村寅太郎らは大和行幸の先鋒となるべく、攘夷派公卿の中山忠光を主将に迎えて京を出発。同志は38人で、そのうち18人が土佐脱藩浪士、8人が久留米脱藩浪士でした。彼らは「天誅組」を名乗るようになります。
 8月17日に天誅組は、幕府天領の大和国五条代官所を襲撃し挙兵。しかし、翌日に朝廷では会津、薩摩藩を中心とした公武合体派による「八月十八日の政変」というクーデターにより長州藩を中心とする尊王攘夷派が追放されます。大義名分を失った天誅組は「暴徒」とされ追討を受ける身となります。天誅組は天の辻の要害に本陣を移し奮戦しますが、幕府は諸藩に命じ天誅組の討伐を開始。天誅組は次第に追い詰められ壊滅しました。



 



Imag3780

天誅組を率いた吉村寅太郎の墓



 





Imag3793

天誅組メンバーの墓



 




霊山護国神社:京都市東山区清閑寺霊山町1



スポンサーサイト

| 幕末・明治維新 | 22:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://igoshi.blog.fc2.com/tb.php/134-91e1ae75

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。