烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

アマチュア本因坊 村上文祥の墓 豪徳寺

 世田谷区の松陰神社から豪徳寺へ移動してきました。豪徳寺は桜田門外の変で殺害された井伊直弼も眠る井伊家の菩提寺ですが、今回訪れたのはアマチュア本因坊として活躍した村上文祥氏の墓をお参りするためです。
 村上文祥は昭和7年(1932)に、本因坊秀策も生まれた広島県の因島市で生まれます。先祖は因島を拠点とした村上水軍の一族であったと言われています。
 小学生の時に囲碁を覚えた村上は、中学生の時に岡山へ疎開していた関山利一九段の研究会に通い、早稲田大学に入学すると「西の怪物」と呼ばれ頭角を現します。
 大学卒業後は、荏原製作所入社。昭和35年(1960)にアマチュア本因坊戦で優勝し、翌年には高川秀格本因坊との記念対局を行いますが、この対局は初めての囲碁対局のテレビ放送だったと言われています。
 その後も数々のアマ棋戦で優勝し、アマ強豪としての地位を固め、昭和54年(1979)に開催された「第1回世界アマチュア囲碁選手権戦」でも日本代表として4位入賞。第3回では3位となるなど世界的に活躍していきました。
 本業においては平成6年(1994)に荏原製作所副社長に就任するなどし、平成11年(1999)に亡くなり、日本棋院より追悼八段が贈られています。
 豪徳寺にある墓には追悼八段の免状がそのまま刻まれています。また、一番目立つのは墓石に棋譜がカラーで再現されている事ですが、この棋譜は昭和44年に開催された「朝日アマプロ10傑戦」で坂田栄男10段と対局した時のものだそうです。

豪徳寺山門
豪徳寺山門

村上文祥の墓
村上文祥の墓

追悼八段の免状
追悼八段の免状

坂田栄男10段との棋譜
坂田栄男10段との棋譜

【関連記事】 村上文祥

豪徳寺: 世田谷区豪徳寺二丁目24番7号

スポンサーサイト

| 囲碁史あれこれ | 07:27 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。