烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

近藤勇の道場「試衛館」

 試衛館は、幕末に江戸に存在した新撰組局長で天然理心流剣術4代目の近藤勇の道場です。
 天保10年(1839)、近藤勇の養父である天然理心流3代目近藤周助が創設し、文久元年(1861)には近藤勇が跡を継ぎ、住居を兼ねた道場で暮らしています。
 そして、浪士組(後の新撰組)に勇が参加し上洛したために、佐藤彦五郎と幕臣寺尾安次郎が留守を預かり、慶応3年(1867)まで存続していたそうです。
 この道場に通っていた人物の中には、門弟として土方歳三、沖田総司、井上源三郎、山南敬助、食客として永倉新八、原田左之助、藤堂平助、斎藤一など、後に新撰組の中核となるメンバーがいました。
 試衛館は江戸市谷甲良屋敷という、大棟梁甲良氏が幕府から拝領した土地にあったといいます。市谷甲良屋敷は町人に賃貸され商店街として賑っていたそうですが、具体的場所については諸説あります。
 平成16年(2004)に、東京都新宿区教育委員会では市谷柳町25番地にあったという説に基づき、記念碑を建立しています。記念碑は、細い路地の分かりにくい場所にあり、探すのに苦労しますが、小さな神社が目印となります。

試衛館跡に通じる道
試衛館跡に通じる道

試衛館跡
試衛館跡

記念碑
記念碑

新宿区 市谷柳町25
スポンサーサイト

| 江戸時代 | 22:31 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。