烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

幸国寺の山門

 新宿区原町の幸国寺は寛永7年(1630)に加藤清正が開基となり創建された寺です。「関ケ原の戦い」の後、世情はまだ不安定で、そんな時代を憂いた清正公が「国の平安」を願い創建を発願、死後、加藤家下屋敷に創建されたといいます。
 現在の幸国寺の山門は、数少ない江戸時代の建築物で、構造や形式等から江戸後期のものと考えられています。
 幕末から明治初頭に、檀家であった長嶋家の寄進により移築されたもので、長嶋家では大名屋敷の門を移築したと伝承されています。正確には、どこの大名家であったか確認されていませんが、御三卿の一つ、田安家の門であったという説もあります。

参道
参道

幸国寺山門
幸国寺山門

数年前に建替えられた本堂
数年前に建替えられた本堂

東京都新宿区原町2-20


スポンサーサイト

| 江戸時代 | 22:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。