烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

日本橋にて日本国道路元標を撮影しました。

 久しぶりに中央区の日本橋を歩いて渡りました。
 日本橋は徳川家康が江戸幕府を開いた頃に架けられ、以来、東海道など五街道の起点と位置づけられ日本の中心に位置付けられてきました。
 明治以降、全国各市町村に道路元標が設置され、東京市では当然日本橋に設置されています。当時は日本橋には都電が通っていたため、元標は都電の架線柱を兼ねていたそうです。
 しかし、昭和27年に法律が変わり、元標は廃止されたため、都では道路元標があった場所に「日本国道路元標」と書いた記念プレートを埋め込みます。その文字は当時の内閣総理大臣・佐藤栄作によるものです。また、その頭上を通る首都高速の橋の間に、かつてあった電車の架線柱を兼ねた道路元標を模した碑が設置されています。
 日本国道路元標も、その頭上の碑も間近に見ることが出来ませんので日本橋の北詰にある広場に複製が設置されています。前回訪れたときには、その複製のみ撮影して通り過ぎてしまったため、今回あらためて本物を撮影しました。
 
日本橋
日本橋

日本国道路元標
日本国道路元標

日本国道路元標
日本国道路元標

記念碑
記念碑

日本国道路元標の複製
日本国道路元標の複製

【関連記事】
  日本橋
  日本国道路元標~日本橋

東京都中央区日本橋1-1先
スポンサーサイト

| 明治・大正時代 | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。