烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

本庄市 田村本陣門

 現在の埼玉県本庄市は江戸時代、中山道のうち江戸から数えて10番目の宿場「本庄宿」があった場所です。
 本庄宿は、江戸から22里(約88km)離れた武蔵国最後の宿場で、人口や建物数は中山道最大の規模を誇りました。利根川の水運も発達し、戸谷半兵衛(中屋半兵衛)など全国的に知られる富豪もいました。
 多くの人々が行き交った本庄宿では、後に新撰組局長となる近藤勇が、浪士組の一員として京都に向かった際、芹沢鴨の宿割りを忘れ、怒った芹沢が街道上で夜通し篝火を焚いたというエピソードも残されています。
 また、海に近い江戸が黒船の脅威に晒されて幕府崩壊hr向かったことから、明治時代に首都を本庄へ移そうとした動きが一部にあったとも伝わっています。

田村本陣門
田村本陣門

 本庄宿には本陣が2軒、脇本陣が2軒あったそうです。田村本陣は北本陣とも呼ばれ、現在の中央1丁目6番付近にありました。
 現在、現地には本陣があった事を示すものは何も残されていませんが、田村本陣門が、現在の中央1丁目2番3号地、本庄警察署として建てられた現在の本庄市立本庄歴史民俗資料館の前に移築され、本庄市指定有形文化財となっています。
 幕末には公武合体政策により将軍徳川家茂へ嫁いだ皇女和宮が、江戸へ向かう途上、田村本陣を利用され、この門をくぐられたと言われています。

碑
田村本陣門の碑

現地説明板
現地説明板

埼玉県本庄市中央1丁目2-3
スポンサーサイト

| 江戸時代 | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。