烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

渋沢栄一ゆかりの「誠之堂」

 深谷市の大寄公民館の敷地内に、渋沢栄一にゆかりの建物「誠之堂」と「清風亭」が建っています。平成11年に東京世田谷区から深谷市に移築されたもので、「誠之堂」は平成15年、国の重要文化財に、「清風亭」は平成16年、埼玉県指定有形文化財に指定されています。
 誠之堂は、大正5年(1916)、渋沢栄一の喜寿(77歳)を祝って第一銀行の行員たちの出資により建築されます。銀行の初代頭取であった栄一は喜寿を迎えるのを機に、頭取を辞任しましたが、その際に行員たちより誠之堂が贈られたことから。如何に深く敬愛されていたのかが伺われます。
 「誠之堂」の名は、渋沢栄一自身による命名で、儒教の経典のひとつ「中庸」の一節「誠者天之道也、誠之者人之道也(誠は天の道なり、これを誠にするは人の道なり)」にちなんだものです。
 建物の特徴は、煉瓦造平屋建、建築面積112平方メートル。英国農家風の外観でありながら、室内外の装飾に、中国、朝鮮、日本など東洋的な意匠を取り入れられた、様々な要素がバランスよく取り入れられた建物です。

誠之堂
誠之堂

 誠之堂で特に目を引くのが風見鶏です。鶏は復元されたものですが、方位板は建築当初からのもので、文字が漢字で示されたユニークなものです。ただ、長い年月がたち風が吹いても動かないとの事でした。

風見鶏
風見鶏

 煉瓦造りの建物である誠之堂ですが、解体の際に外壁、基礎の各所から「上敷免製」の刻印のある煉瓦が多数発見されています。これらの煉瓦は、深谷市にある日本煉瓦製造株式会社で焼かれたものであることを示しています。
 暖炉がある北側煉瓦煙突部には、赤、黄、黒の3種類の煉瓦を用いた装飾積みで「喜壽」の文字が表されています。

「喜壽」の文字を表した装飾積み
「喜壽」の文字を表した装飾積み

建物内部
建物内部

 女性用の化粧室のドアには、龍と鳳凰を表したステンドグラスがあります。王と王妃を象徴する中国風のデザインです。

龍と鳳凰を表したステンドグラス
龍と鳳凰を表したステンドグラス

埼玉県深谷市起会110番地1

スポンサーサイト

| 明治・大正時代 | 17:06 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。