烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

池田屋事件

 京都霊山護国神社には、「新撰組」の名が広く知られることとなった「池田屋事件」で亡くなった多くの勤皇の志士たちの墓があります。
 文久3年(1863)、「八月十八日の政変」と呼ばれる宮中クーデターにより失脚した尊王攘夷派は勢力挽回を試みて京都へ潜伏。京都守護職は新選組に命じて市内の警備や捜索を行います。
 そうした中、炭薪商を経営する枡屋(古高俊太郎)が勤皇の志士であることを突き止めた新撰組は古高を捕らえ拷問により「祇園祭の前の風の強い日に御所に火を放ち、その混乱に乗じて一橋慶喜・松平容保らを暗殺し、孝明天皇を長州へ連れ去る」という計画が進行中であることを自白させます。(拷問による冤罪という説もあり)
 さらに探索により、勤皇の志士たちが古高の逮捕をうけて計画を実行するかどうかについて協議するため池田屋か四国屋のどちらかに集まるという情報を入手します。
 こうして、元治元年6月5日(1864年7月8日)に池田屋に突入した新撰組は多くの志士を殺害、捕縛します。事件で亡くなった志士の中には尊王攘夷派の中心的人物もいて、そのため明治維新の達成が一年延びたと言われています。
 なお、長州藩の桂小五郎(木戸孝允)は、会合への到着が早すぎたため、一旦池田屋を出て対馬藩邸で大島友之允と談話していたため、難を逃れたと言われています。



 



Imag3791

池田屋事件の犠牲者



 



 池田屋事件で亡くなった宮部鼎蔵(みやべ ていぞう)は熊本藩士の尊皇攘夷派で、長州藩の吉田松陰と知り合い、嘉永3年(1850)には東北旅行にも同行しています。
 尊皇攘夷派の中心人物として知られ、後に京都で活動しますが、文久3年(1863)に起きた「八月十八日の政変」で、宮部も長州藩へ退去。元治元年(1864)には再び京都へ潜伏し、池田屋で会合中に新選組に襲撃され自刃します。享年45歳。



 



Imag4386

宮部鼎蔵の墓



 



 吉田 稔麿(よしだ としまろ)は長州藩士で吉田松陰の松下村塾出身の活動家でした。久坂玄瑞、高杉晋作とともに松陰門下の三秀と称されたほどの人物です。
 池田屋事件では会合の途中、一旦席をはずしていたため新撰組に取り囲まれることはありませんでしたが市中での戦いにより亡くなっています。
 一説には長州藩邸へ事態を知らせに走ったものの扉が開けられることもなく門前で自刃したとも言われています。



                   
                  



Imag3805

吉田稔麿の墓



 








霊山護国神社:京都市東山区清閑寺霊山町1



スポンサーサイト

| 幕末・明治維新 | 06:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://igoshi.blog.fc2.com/tb.php/131-2a4a1a5f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。