烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

傘化け駅(河崎口駅)

 鳥取県米子市河崎字中通矢倉分のJR西日本の)境線「河崎口駅」には「傘化け駅」という妖怪の愛称がついています。
 「傘化け」は、「傘おばけ」、「からかさ小僧」とも呼ばれる日本の妖怪の代表格とも言える妖怪です。
 古来、日本では年月を経た器物には霊が宿ると考えられていて「傘化け」もそうした付喪神の一種で、一つ目で一本足という姿は江戸時代以降に定着し、絵画に描かれたり、歌舞伎でも役者が演じています。

河崎口駅
河崎口駅

傘化け駅看板
傘化け駅看板

傘化け駅看板
傘化け駅看板


鳥取県米子市河崎字中通矢倉分2673
スポンサーサイト

| 旅行記 | 22:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。