烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

勤皇の志士たち 高杉晋作 他

 京都霊山護国神社は、明治維新を迎えることなく亡くなった幕末の志士たちを祀る神社で、隣りには祭神となった多くの志士たちの墓が建立された霊山墓地があります。そのほとんどが無名の志士たちですが、中には多くの人々に知られた志士たちもいます。



Imag3772
現地案内図


 長州藩の志士達が祀られている一画には奇兵隊を創設し長州藩を討幕へと導いた高杉晋作の墓があります。その二つ隣りには晋作と松下村塾の双璧と称された久坂玄瑞の墓も並んでいます。ここの墓の並びには「来嶋又兵衛」「寺嶋忠三郎」ら久坂と共に禁門の変で亡くなった志士たちの墓があります。


Sany1011
高杉晋作(一番右)、久坂玄瑞(右から三番目)らの墓


 維新十傑の一人、大村益次郎は長州藩の兵学者で、長州征討や戊辰戦争で長州藩兵を指揮し勝利に導いています。新政府では軍務を統括した兵部省の初代大輔(次官)を務め、事実上の日本陸軍の創始者とされています。明治2年(1869)に軍事施設視察のため京都に滞在中、暗殺されています。


Go0073
大村益次郎の墓


  維新十傑の1人、横井小楠は、文化6年(1809)に熊本藩にて生まれます。藩校・時習館では塾長を務めるなどして頭角をあらわし藩政改革を試みますが保守派の反対により挫折します。
 その後、福井藩の松平春嶽に招かれ政治顧問となり、幕府の政治総裁職を務めた春嶽の助言者として幕政改革や公武合体の推進などで活躍します。小楠のもとには坂本龍馬、井上毅、由利公正など、明治維新に大きく関わる人々が訪れています。
 明治維新後、小楠は新政府に参与として出仕しますが明治2年(1869)に暗殺されています。




Imag4413
横井小楠の墓



霊山護国神社:京都市東山区清閑寺霊山町1



スポンサーサイト

| 幕末・明治維新 | 05:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://igoshi.blog.fc2.com/tb.php/130-0bc1aa11

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。