烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

名探偵コナンの作者 青山剛昌ふるさと館

 日本だけでなく海外でも大変人気のあるマンガ「名探偵コナン」の作者として知られる青山剛昌は、鳥取県東伯郡北栄町の出身です。出身地の北栄町には、マンガ・アニメミュージアム「青山剛昌ふるさと館」があります。
 外観は大きな煙突が建っているような形ですが、元々、「歴史文化学習館」として建てられた建物で幕末に鳥取藩が大砲製造のために、この辺りに造った反射炉を模したものだそうです。
 平成11年に学習館で開催された「名探偵コナン・青山剛昌展」が好評で、その後も度々開催、コナンによる町づくりを推進する町は、平成19年に学習館をリニューアルして「青山剛昌ふるさと館」として開館しました。
 展示品は、マンガの原画(複製)や青山先生の仕事場の再現など、貴重な資料を見る事が出来、多くの人々で賑っています。

青山剛昌ふるさと館
青山剛昌ふるさと館

青山剛昌の生んだキャラクター達
青山剛昌の生んだキャラクター達

少年探偵団の像
少年探偵団の像

ふるさと館の前に止まっている黄色いフォルクスワーゲンのビートルは「名探偵コナン」に登場する阿笠博士の愛車を再現したものだそうです。
 すでに生産中止となった車で、中古車2台を仕入、マンガに登場する車そっくりに仕上げられた、この車を造ったのは青山剛昌先生の実家が経営する自動車整備会社「青山車輌」だそうです。

あがさ博士の愛車
あがさ博士の愛車

コナンがデザインされた絵
コナンがデザインされた絵


鳥取県東伯郡北栄町由良宿1414番地
スポンサーサイト

| 旅行記 | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。