烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

家元・井上家の墓

井上家の墓

 以前、囲碁家元・井上家の菩提寺である西麻布の日蓮宗日通山妙善寺を紹介した事がありますが、その時は墓地に入る事が出来なかったため今回、再び訪れました。
 今回は囲碁史会員の南氏と徳弘氏も一緒です。しかし、井上家の墓は新しくなっていて家元の墓と分かるものは一切残っていませんでした。
 南氏の話によると昭和40年代には、墓所に二つの墓石があり、一つは十三世井上松本因碩が建立したものだったそうですが、現在は一つにまとめられ、昭和以降に亡くなった囲碁とは関係ない人の名しか確認出来ませんでした。
 さらに、妙善寺墓所には昔、無縁仏の墓石が一ヶ所にまとめられていて、その中に「吐血の局」で有名な赤星因徹の墓もあったそうですが、それも現在は撤去されていて残っていません。
 どなたの家もそうだと思いますが、先祖の方も数代経ると先祖代々として一括りにされてしまうため、貴重な史跡を後世に伝えることの難しさを痛感させられました。

【関連記事】 井上家の菩提寺 妙善寺

妙善寺:東京都港区西麻布3-2-13
スポンサーサイト

| 井上家 | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。