烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

儒学者 斎藤鶴磯の墓

斎藤鶴磯の墓
斎藤鶴磯の墓

説明板
説明板

 芥川龍之介や谷崎潤一郎の墓がある巣鴨の慈眼寺の墓所に説明板がある墓を見つけました。
 斎藤鶴磯(さいとう-かっき)という江戸時代中期の儒学者だそうです。
 水戸藩士で、宝暦2年(1752)に江戸で生まれ、武蔵(むさし)所沢(埼玉県)で暮らしていたそうで、武蔵野の歴史地理に関する先駆的研究書「武蔵野話」を著します。
 この他、「女孝経補注」「干支考」などを著し、文政11年(1828)に77歳で亡くなっています。

慈眼寺 東京都豊島区巣鴨5丁目35−33
スポンサーサイト

| 江戸時代 | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。