烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

渋川春海の墓 ふたたび

 囲碁史の取材で久しぶりに、東京都品川区の東海寺大山墓地にある渋川春海の墓にお参りしてきました。
 渋川春海は、囲碁家元・一世安井算哲の長子で、慶安5年(1652)に父の死によって二世安井算哲となります。しかし、当時13歳であったため、安井家は一世算哲の弟子で養子の算知が継いでいます。
 御城碁で活躍した算哲ですが、一方で数学・暦法、天文暦学、神道などに優れ、紆余曲折を経ながら、日本初の国産暦「貞享暦」を完成させます。そして、この功により貞享元年(1685)に初代幕府天文方に250石をもって任ぜられ、碁方は辞しています。
 ところで、以前お参りした時は気が付かなかったのですが、正徳5年(1715)に春海が亡くなった時に造られた墓石の向かって左隣りに、同じ戒名「本虚院透雲紹徹居士」と掘られた墓石がありました。詳しく見てみると「贈従四位 渋川助左衛門源春海」と側面に刻まれている事から、明治40年(1907)に改暦の功績によって従四位が贈位された際に建立された墓石である事がわかりました。
 「助左衛門」は春海の通称で、源姓を名乗っているのは、安井氏が清和天皇の流れを汲む源氏の河内守護・畠山氏の末裔であるためです。

渋川春海の墓(中央)
渋川春海の墓(中央)

もう一つの渋川春海の墓
もう一つの渋川春海の墓

墓石に刻まれた名前
墓石に刻まれた名前

【関連記事】
 渋川春海の墓
 大阪歴史博物館 安井家のルーツ

東海寺大山墓地(東京都品川区北品川4-11-8)
スポンサーサイト

| 安井家 | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。