烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ライオン宰相 濱口雄幸の墓

 以前、東京駅で銃撃された傷により亡くなった第27代内閣総理大臣・浜口雄幸について紹介しましたが、青山霊園にある墓所へお参りしてきました。
 高知県出身の浜口首相は、大蔵省に入省し大蔵次官などを務めた後、政治家へ転身、大蔵大臣、内務大臣などを歴任し、立憲民政党初代総裁に就任すると、張作霖爆殺事件の責任を取って辞任した田中義一内閣の後を受けて昭和4年(1929)に内閣総理大臣に就任します。明治生まれで初の首相だったそうです。
 浜口首相は、その風貌から「ライオン宰相」と呼ばれ、国民から圧倒的な支持を得て、前日本銀行総裁・井上準之助を蔵相に起用し金解禁や緊縮政策を断行する一方、第一次世界大戦後に軍備拡張を狙う海軍を抑えて国際協調重視による軍縮を行ったため、右翼の反感を買っています。
 昭和5年(1930)11月14日に岡山県浅口市で行われる陸軍の演習視察と、昭和天皇行幸への付き添いのため東京駅を訪れた浜口首相は、右翼に至近距離から銃撃され、一命は取り留めたものの、骨盤が砕ける重症を負います。翌年1月21日に退院し療養していましたが、野党・政友会に所属する鳩山一郎らは与党へ攻勢をかけるため執拗に浜口の登壇要求、3月10日に無理をおして登壇さた浜口は、その後も続く野党の登壇要求に応じ容態が悪化、首相を辞任し8月26日に亡くなっています。

濱口雄幸の墓

【関連記事】 浜口首相遭難現場 東京駅

青山霊園 1種ロ8号1側14
スポンサーサイト

| 昭和時代 | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。