烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

北里柴三郎の墓

 破傷風菌の純培養に成功し、ペスト菌を発見するなど、世界的な細菌学者と知られ、ノーベル賞候補にもなった北里柴三郎の墓が青山霊園にあります。
 北里柴三郎は、嘉永5年(1853)に現在の熊本県阿蘇郡小国町で代々庄屋をつとめる北里家に生まれています。明治4年(1871)に熊本医学校へ入学し医学への道を志すと、明治7年(1874)に東京医学校(現在の東京大学医学部)へ入学、卒業後に内務省衛生局に勤務し、明治19年(1886)から6年間ドイツへ留学、病原微生物学研究の第一人者、ローベルト・コッホに師事しています。
 留学中の明治22年(1889)に破傷風菌の純培養に成功し、その毒素に対する免疫抗体を発見して血清療法を確立、一躍、世界的な研究者として知られる事となります。
 明治25年(1892)に帰国すると、私立伝染病研究所を設立、伝染病予防と細菌学の研究に取り組み、翌年にはわが国初の結核治療専門病院、土筆ケ岡養生園 (後の北里研究所病院)を設立して、結核予防と治療に尽力します。
 明治27年(1894)には、日本政府の依頼で派遣された香港で、流行していたペスト菌を発見するなど、予防医学の第一人者として活躍、明治34年(1901)の第1回ノーベル生理学・医学賞の最終候補にも選ばれていたそうです。
 大正3年(1914)に伝染病研究所が内務省から文部省に移管され東京大学へ併合されると、これに抗議して所長を辞任、私費を投じて私立北里研究所を設立、この他、慶應義塾大学医学部の創設や、日本医学会の創設(初代会長)など、日本の医学発展のために幅広い活動を続け、昭和6年(1931)に脳溢血により78歳の生涯を閉じています。

北里柴三郎の墓

青山霊園 1種イ19号2側
スポンサーサイト

| 明治・大正時代 | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。