烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

大隈重信像(早稲田大学)

 水稲荷神社に続いて早稲田大学を訪れてみました。明治15年(1882)に政治家・大隈重信により設立された東京専門学校が前身で明治35年に早稲田大学へ改称。大正9(1920)に大学令施行により大学となった日本を代表する私立大学です。



 大隈は佐賀藩出身の幕末の志士で明治政府が出来ると政府に参加し参議兼大蔵卿を務めます。大隈の下で伊藤博文や井上薫も働いています。



 自由民権運動が高まる中、国会の早期開設を説いたため伊藤ら薩長と対立し財政上の失敗もあったことから明治14年に参議を免官となり下野します。下野した大隈は立憲改進党を結党するとともに、「学問の独立」「学問の活用」」「模範国民の造就」を理念とし東京専門学校を設立しました。



 政敵となった伊藤博文でしたが大隈の外交的手腕を高く評価していて第一次伊藤内閣で外務大臣に抜擢します。外国との不平等条約改正に向けて伊藤の後を継いだ黒田内閣でも外務大臣に留任しますが条約改正内容に不満を抱く反対派が爆弾により襲撃し右足切断という怪我を負ったため辞職します。早稲田大学にある銅像は杖をついていますが、これは義足だったためです。



 明治31年には板垣退助と憲政党を結党し、薩長以外で初の内閣総理大臣(第8代)に就任しています。(党内対立で4ケ月で総辞職)。その後政界を引退し早稲田大学総長に就任。文化事業の発展に尽力していましたが、やがて政界に復帰し大正3年には内閣総理大臣に再び就任しました。



 大隈重信は囲碁が大変好きで一日中碁を打っていたこともあったそうです。「将棋は戦いだが、碁は経済である」とう言葉も残しています。



 





Dsc_1280



早稲田大学入口



 



Dsc_1281



大隈重信像



 



早稲田大学早稲田キャンパス:新宿区西早稲田1-6-1



スポンサーサイト

| 東京散歩 | 06:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://igoshi.blog.fc2.com/tb.php/127-8cd6ec1e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。