烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

時の鐘 岩槻

 岩槻城下の時の鐘は、寛文11年(1671)に、城主阿部正春の命令で鋳造され渋江口に設置、城内や城下の人々に時を知らせていました。
 50年後の享保5年(1720)に鐘にひびが入ったため、時の城主永井直信(陳)が改鋳した物が現在の鐘です。鐘は1日3回撞かれていましたが、江戸時代後期には1日12回撞かれていたそうです。
 鐘楼は、嘉永6年(1853)に岩槻藩により改建されたもので、塚の上に建てられています。

時の鐘
時の鐘

岩槻城墟碑
岩槻城墟碑

現地説明板
現地説明板

埼玉県さいたま市岩槻区本町6-229-1
スポンサーサイト

| 江戸時代 | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。