烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

芳林寺 太田家墓所

 さいたま市岩槻区の芳林寺にある、太田家の墓所にお参りしてきました。

芳林寺境内墓地
芳林寺境内墓地

太田家墓所
太田家墓所

 太田道灌は、永享4年(1432)に鎌倉公方を補佐する関東管領上杉氏の一門・扇谷上杉家の家宰を務める太田資清の子として生まれます。元服後は資長と名乗り、後に剃髪し道灌と号しています。
 道灌は、江戸城、岩槻城、川越城を築き、各地の乱を平定、また、和歌にも優れ、文武両道の名将として知れ渡ります。道灌の活躍により主家扇谷家の勢力は大きく拡大しますが、道灌の才能を恐れた当主・上杉定正は、謀反の疑いがあるとして、道灌を屋敷に招きだまし討ちにより殺害します。
 道灌を失った扇谷上杉家は、やがて衰退していき、代わりに台頭してきた北条氏により滅ぼされています。

太田道灌の墓
太田道灌の墓

 太田家の墓所に櫓に入った墓石があり、これが太田道灌の墓かと思いましたが、よく調べたら太田氏資の墓であることが分かりました。
 太田氏資は道灌から数代後の当主で、天文12年(1543)に岩槻城主太田資正の嫡男として生まれます。武勇に優れた武将でしたが父と対立し出家します。しかし、家臣たちの画策により岩槻城主として権力を掌握し小田原北条氏に従い、北条氏政の妹を妻に迎えています。
 しかし、永禄10年(1567)に里見氏との戦いにおいて北条軍の殿を務め討死。享年25歳でした。

太田氏資の墓
太田氏資の墓

 芳林妙春尼は芳林寺の開山です。南畑城主の難波田弾正左衛門尉正直入道善銀の娘で、岩槻城主太田資正の正室です。
 太田氏資の母親で、夫の資正とは、後に離縁しています。

芳林妙春尼の墓
芳林妙春尼の墓

埼玉県さいたま市岩槻区本町1丁目7−10
スポンサーサイト

| 戦国時代 | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。