烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

岩槻郷土資料館

 岩槻の街なかを通る「市宿通り」は、旧日光御成道で、歴史的な建造物も多く残されています。
 「岩槻郷土資料館」は、昭和57年に開館した資料館で、「岩槻のあゆみ」、「大昔のくらし」、「くらしの道具」の三つをテーマに「岩槻城」を初めとする岩槻に関する貴重な資料が展示されています。
 建物は、元は昭和5年(1930)に建てられた岩槻警察署旧庁舎で、天井の梁や窓にみられるアーチ状の造形やアールデコ調の装飾が随所に施され、警察署庁舎としての機能性と装飾性を兼ね備えた建物のデザインがみられます。

岩槻郷土資料館

さいたま市岩槻区本町2-2-34

スポンサーサイト

| 旅行記 | 07:07 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。