烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

霊山歴史館

 京都霊山護国神社の境内にある「霊山歴史館」は昭和45年(1970)にオープンした、全国ではじめての幕末・明治維新期の歴史を総合的にとらえて研究する専門博物館です。
 幕末、政治の中心地であった京都で活躍した志士、大名、天皇、公家のほか文人、画家などの遺品、書状などの各種資料を収集し公開展示を行っています。
 坂本龍馬、中岡慎太郎、西郷隆盛、木戸孝允、高杉晋作などの志士の遺品とともに、新選組、徳川慶喜、松平容保など幕府側に関する資料も数多く展示されています。
                  
 京都霊山護国神社や霊山歴史館へと向かう道は「維新の道」と名付けられ霊山歴史館の庭には碑が建立されていました。
                                                                
Imag3761

「維新の道」



 



Imag3762

霊山歴史館



 



Imag3766

霊山歴史館入口



 



霊山歴史館の敷地内にある灯籠は、東京駒込の木戸孝允染井別邸にあった春日灯籠です。木戸は本宅を皇居近くの九段下に構えていましたが、明治2年には染井別邸を設けています。ここには明治天皇が行幸されたこともあるそうです。



 



Imag3764_2

木戸孝允染井別邸の春日灯籠



 



 霊山歴史館の敷地内にある石畳は、明治28年(1895)日本で初めて京都に開業した路面電車の敷石だそうです。                 



 



Imag3768

石畳(日本初の路面電車で使われた敷石)






京都府京都市東山区清閑寺霊山町1

スポンサーサイト

| 幕末・明治維新 | 09:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://igoshi.blog.fc2.com/tb.php/126-c875c8bc

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。