烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

龍門寺 大岡忠光の墓

 埼玉県さいたま市岩槻区の日光御成道に面する龍門寺は、曹洞宗に属する大里郡寄居町藤田正龍寺の末寺です。
 龍門寺の墓所には岩槻藩初代藩主・大岡忠光の墓があります。
 300石の旗本・大岡忠利の長男として生まれた忠光は、享保9年(1724)に第8代将軍徳川吉宗の世子・家重の小姓となり、以降家重に側近として仕えます。家重は脳性麻痺と思われる障害により言語が不明瞭であったため、その言葉を唯一理解できた忠光は、延享2年(1745)に家重が第9代将軍に就任すると、異例の大出世を遂げ、宝暦元年(1751)に上総勝浦藩1万石の大名となり、宝暦6年(1756)には吉宗時代に廃止されていた側用人に就任するとともに、加増され武蔵国岩槻藩2万石の藩主となります。
 忠光は、将軍の言葉を唯一伝える人物であったにも関わらず、決して奢ることなく、幕政に口を挟むようなこともなかったそうです。宝暦10年(1760)に忠光が亡くなると、最大の理解者を失った家重は長男・家治に将軍職を譲り大御所となりますが、翌年、忠光の後を追うように亡くなっています。

龍門寺山門
龍門寺山門

七福神
七福神

龍門寺本堂
龍門寺本堂

大岡忠光の墓
大岡忠光の墓

埼玉県さいたま市岩槻区日の出町9−67
スポンサーサイト

| 江戸時代 | 09:59 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。