烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「零戦」設計者 堀越二郎

 日本を代表するアニメーターの宮﨑駿が、現役最後の長編アニメーション映画として作成した「風立ちぬ」の主人公で、零戦を設計した航空技術者・堀越二郎の墓が多磨霊園にあります。
 1903年に群馬県藤岡市で生まれた堀越は、東京帝国大学工学部航空学科を首席で卒業すると、三菱内燃機製造(現在の三菱重工業)に入社します。
 欧米に1年半派遣され最先端の航空技術を学んだ堀越は、入社5年で設計主任に抜擢されます。飛行機の形状は当時、複葉機が主流でしたが、堀越は革新的な単葉機を設計、1935年に日本海軍初の全金属単葉戦闘機九六式艦上戦闘機として採用されます。
 海軍では1937年に「十二試艦上戦闘機」の仕様を決定しメーカーに提示しますが、その求められた性能は「ないものねだり」と評するほど高いもので、各社が辞退する中、堀越は開発を進めます。格闘性能、航続力、速度などの優先順位を整理して開発された「零戦」は、海軍の主力艦上戦闘機として活躍。米英のパイロットからも「ゼロファイター」と呼ばれ恐れられます。
 その後、雷電、烈風などの設計にも関わり戦後は、第二次世界大戦後初の国産旅客機「YS-11」の設計に参加。三菱重工業が分割され発足した中日本重工業(新三菱重工業と改称、のちに合併し三菱重工業へ戻る)に勤務した堀越は、退社後、東京大学の宇宙航空研究所で講師を務め工学博士の学位を取得。
 1973年に勲三等旭日中綬章を受章し、1982年に78歳で亡くなっています。

堀越二郎の墓

多磨霊園 16-1-7
スポンサーサイト

| 昭和時代 | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。