烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

福沢諭吉の子孫

 福澤桃介は、明治から昭和初期にかけて活動した実業家で、福澤諭吉の婿養子です。慶應4年(1868)に現在の埼玉県で生まれた岩崎桃介は慶應義塾在学中に、次女の婿を探していた創設者福澤諭吉の目に留まり養子となります。
 アメリカ留学の後、諭吉の次女・房と結婚した桃介は北海道炭礦鉄道(北炭)に入社し、得意の外国語を活かして石炭販売を担当しています。なお、高島易断で知られる高島嘉右衛門が北炭の社長となった際、易により桃介は免職となりますが、後に再入社したそうです。
 明治27年(1894年)に結核を発症し入院生活を余儀なくされた桃介は、病床でも何かできることはないかと考えて株式投資を始めます。一時、貿易商を始めますが上手くいかず、北炭に戻った桃介ですが、株式投資は続けていて、日露戦争の集結による株価上昇に乗り巨万の富を築いています。
 しかし、多くの投資家が、その後の株価暴落で大損をしたのに対して、桃介は早めに見切りをつけて、紡績・肥料・ビール・鉱山・ガス事業などの起業に関わります。
 その後、電力事業に進出した桃介は明治42年(1909)に中部地方の名古屋電灯を買収、九州地方など各地の電気事業にも関与します。そして、木曽川開発に着手した桃介は、大正10年(1921)に、当時の「五大電力」の一角である大同電力(現在は関西電力・中部電力・北陸電力に再編)の初代社長に就任し、大井ダムをはじめとする木曽川の電源開発を主導しています。
 その活躍により「電気王」「電力王」の異名を取った桃介は昭和3年(1928)に現役を退き、昭和13年(1938)に死去しています。
 なお、福澤桃介は晩年、川上音二郎の未亡人で、日本初の女優、川上貞奴を伴侶とし一緒に暮らしていたそうです。正妻の房とは別居状態だったといいます。

 福澤桃介の墓の隣りに桃介と房の子、福澤駒吉の墓があります。福沢諭吉の孫にあたる人物です。駒吉は父の跡を継いで実業家として活躍。東亞合成化学工業(現・東亞合成)を設立するなどしています。

福沢家の墓所
福沢家の墓所

福沢家墓所の塀
福沢家墓所の塀

多磨霊園 9-1-7-1
スポンサーサイト

| 明治・大正時代 | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。