烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「常勝将軍」野沢竹朝

 多磨霊園に明治から昭和の始めにかけて活躍し「常勝将軍」「鬼将軍」の異名を取った囲碁棋士・野沢竹朝の墓があります。
 明治14年(1881)に元出雲藩士の子として島根県松江市に生まれた野沢竹朝は、独学ながら1892年に方円社に入塾。大阪へ移ると後に十五世井上因碩を襲名する田淵米蔵に師事します。その後、名古屋での生活を経て、1903年に本因坊秀栄に入門すると昇段を繰り返し頭角を現していきます。
 1907年に四段となった野沢は『時事新報』囲碁新手合で10人抜きを達成、1909年には『万朝報』の勝ち抜き戦「碁戦」で12人抜き、1913年にも『時事新報』の勝ち抜き戦で5人抜きするなどし「常勝将軍」「鬼将軍」の異名を取っています。
 このように囲碁の強豪として知られた野沢ですが、一方、毒舌でも知られ、それを注意した秀栄の支援者・高田たみに暴言を吐きます。これが原因で高田邸で開かれていた秀栄の勉強会「四象会」が終了したと言われています。
 1907年に秀栄が亡くなり秀哉と雁金準一との間で本因坊継承争いが起きた際、秀元が一旦再襲名した後に秀哉に本因坊を譲ったのは、野沢の発案であったとも言われています。
 しかし、1915年に「囲碁虎之巻」で「評の評」を担当し、本因坊秀哉や中川亀三郎らの講評を批評したため、坊社双方の圧力で打切りとなります。ところが、1918年に「囲碁評論」で「評の評」を再開し秀哉の本因坊襲名の裏話も暴露したため、本因坊家より破門され段位もはく奪されてしまいます。ただ、野沢はこの後も五段の肩書きで毒舌の評論活動を続けています。そして、関東大震災のために「囲碁評論」が休刊された後に、ようやく秀哉と和解したそうです。
 野沢は1924年の日本棋院設立にあたり、肺結核を患っていた事もあり参加せずに神戸で療養していましたが、日本棋院と棋院に対抗して設立された棋正社との院社対抗戦が始まると、敗色濃厚な棋正社を支援するために主催者の読売新聞の依頼により参戦。棋正社では野沢に六段を贈り、次いで七段へ推薦しています。
 これに対し日本棋院では秀哉に次ぐ実力者鈴木為次郎が名乗りを上げ十番碁が開始されます。しかし、すでに竹朝は病状を悪化させていたため、両者はそれぞれ別室で対局を継続したそうです。当初は2勝1敗と勝ち越していた野沢ですが、やがて2勝5敗2ジゴに追い込まれると、すでに限界に達していたために最終局は打たれることなく、翌年の昭和6年(1931)1月に51歳で亡くなっています。最後まで囲碁で戦い続けた壮絶な人生でした。

野澤竹朝の墓
野澤竹朝の墓

野澤竹朝の墓
野澤竹朝の墓

多磨霊園 7-1-10-20
スポンサーサイト

| 本因坊家 | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。