烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「ダルマ蔵相」 高橋是清の墓

 多磨霊園で、そのふくよかな容貌から「ダルマ蔵相」と呼ばれ、第20代内閣総理大臣でもあった高橋是清の墓にお参りしました。
 嘉永7年(1854)幕府御用絵師・川村庄右衛門の子として、現在の東京都港区芝大門で生まれ是清は、生後間もなく、仙台藩の足軽高橋覚治の養子になります。
 横浜の「ヘボン式ローマ字」の創始者として知られるアメリカ人医師ヘボンの私塾「ヘボン塾」(現・明治学院大学)で学び、慶応3年(1867)には藩命によりアメリカへ留学しました。
 帰国後、明治6年(1873)に文部省に入省する一方、英語の教師も務め、共立学校(現・開成高校)の初代校長を一時務めています。高橋の教え子には俳人の正岡子規やバルチック艦隊を撃滅した海軍中将・秋山真之がいます。
 文部省、農商務省などの官僚としても活躍した高橋は、明治25年(1892)に日本銀行に入行。日露戦争が勃発すると、副総裁として戦費調達に奔走します。同盟国イギリスの投資家は日本敗北を予想し公債募集に難色を示しますが是清の説得により募集は成功しています。
 明治38年(1905)に貴族院議員に勅選。明治44年(1911)に日銀総裁となった高橋は、大正2年(1913)、第1次山本内閣で大蔵大臣に就任、立憲政友会に入党します。
 大正7年(1918)に立憲政友会総裁の原敬が首相となると高橋は再び大蔵大臣に就任、そして、大正10年(1921)に原首相が暗殺されたため、財政政策の手腕を評価され第20代内閣総理大臣、及び立憲政友会総裁に就任します。しかし、原首相(総裁)を突然失った党内の混乱を立て直す事が出来ず政権は僅か半年で終焉を迎えています。
 その後、加藤高明内閣で農商務相を務めた後、政友会総裁を田中義一に譲り政界を引退しますが、昭和2年(1927)に金融恐慌が発生しすると、首相となった田中義一に請われ3度目の蔵相に就任、支払猶予措置(モラトリアム)を行うと共に、急遽印刷した片面だけの200円札を大量に銀行の店頭に積み上げ、預金者を安心させて金融恐慌を沈静化させています。
 昭和6年(1931)に犬養毅が首相となった際も蔵相に再登板し、金輸出再禁止、日銀引き受けによる政府支出増額等で、世界恐慌によるデフレ経済を世界でいち早く脱出させ、五・一五事件で犬養が暗殺された際には総理大臣を臨時兼任しています。
 昭和9年(1934)に、共立学校での教え子、岡田啓介が首相となると、高橋は6度目の大蔵大臣に就任します。デフレ対策は功を奏し、逆にインフレ発生の恐れがあったため、高橋は軍事予算の縮小に踏み切ります。しかし、これが軍部の反発を生み、昭和11年(1936)「二・二六事件」において、赤坂の自宅で反乱軍の青年将校らにより暗殺されます。享年82歳。

高橋是清

多磨霊園 8-1-2-16
スポンサーサイト

| 昭和時代 | 11:57 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。