烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

第12代、14代内閣総理大臣 西園寺公望の墓

 嘉永2年(1849)公家徳大寺公純の次男として生まれた 公望は同族の西園寺師季の養子となり跡を継ぎます。
 王政復古で参与に就任し、戊辰戦争では山陰道鎮撫総督,会津征討越後口総督府大参謀として従軍しています。
 明治以降、明治2年(1869)に私塾立命館を創立。( 1年後、京都府庁の差留命令により閉鎖、後に西園寺の秘書官、中川小十郎が再建)
 フランス留学を経て、明治14年(1881)に参事院に入り、翌年、伊藤博文が憲法調査のためにヨーロッパを歴訪することになった際には、その随員に選ばれ、それが縁で伊藤の腹心になります。
 明治18年(1885)にはオーストリア公使,次いでドイツ公使兼ベルギー公使を歴任した公望は、明治24年(1891)に帰国すると、賞勲局総裁,法典調査会副総裁,枢密顧問官,貴族院副議長を経て、日清戦争最中の明治27年(1894)、第2次伊藤博文内閣で文部大臣として初入閣。翌年には病気の陸奥宗光に代わって外務大臣臨時代理を務め戦後外交に当たっています。
 第3次伊藤内閣でも文相に就任した公望は、伊藤の立ち上げた政友会総裁に伊藤の跡を継いで就任。明治39年(1906)には第12代内閣総理に就任すると、日露戦争後の南満州からの撤兵問題、日露協約の締結に取り組みます。一度、首相を辞任後、明治44年に第2次内閣を組織、この時、明治天皇が崩御され大正時代の幕開けとなっています。首相辞職後の大正1(1912)年には優詔を受けて元老に列し、松方正義の没(1924)後はただひとりの元老として後継首相の推薦や天皇の最高政治顧問を務めました。
 昭和15年(1940)に亡くなった西園寺公望は多磨霊園に眠っています。

西園寺公望

多磨霊園 8-1-1-16
スポンサーサイト

| 明治・大正時代 | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。