烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

連合艦隊司令長官  山本五十六

 多磨霊園の東郷平八郎の墓の隣りに、第二次世界大戦時の連合艦隊司令長官・山本五十六の墓があります。
 五十六は明治17年(1884)に旧長岡藩士高野貞吉の六男として生まれます。父親が56歳の時に出来た子供で、名前の由来を聞かれると不機嫌だったと言われています。
 明治34年(1901)長岡中学を卒業し海軍兵学校に入学。在学中で日露戦争開戦中の明治38年(1905)に日本海海戦へ巡洋艦日進にて参戦、この戦いで左手の人差指と中指を欠損と左大腿部に重傷を負います。
 大正5年(1916)長岡藩家老山本家を相続し山本姓を名乗り、大正8年(1919)に渡米、ハーバード大学に留学。この頃欧米諸国をめぐり各国の実態をつぶさに視察しています。
 帰国後、海軍大学校教官に転じ、その後、海軍航空本部長まで昇進していきます。そして、今後、国防には航空戦力の充実が必要であると考え、後に戦艦大和建造計画が持ち上がると反対の立場をとっています。
 昭和4年(1929)海軍少将に昇進した五十六は「ロンドン軍縮会議」へ次席随員として参加。軍縮案に強行に反対し首席全権の若槻禮次郎を困らせます。この事がきっかけで海軍の一部勢力の支持を得た五十六は昇進を重ね、昭和14年(1939)に連合艦隊司令長官に就任ます。
 ただ、この人事は「日独伊三国同盟」締結に強行に反対していた山本が海軍中央にいると暗殺の危険性があったためとも言われています。
 当時、アメリカとの開戦が避けられない情勢であり、アメリカの国力との国力の差を理解し、戦争は無謀と考えていた山本でしたが、海軍軍人・連合艦隊司令官として戦略を練ります。この時、戦争に勝つために最新鋭の零式艦上戦闘機などの増産を求めますが軍部により却下されています。
 山本は昭和16年(1941)ハワイ真珠湾攻撃を指揮し日米開戦が始まります。戦争は当初、日本優位に推移しますが、山本が当初危惧していたとおり、次第にアメリカは体勢を立て直し、日本は劣勢に追い込まれます。
 昭和18年(1943)ソロモン諸島、ニューギニア方面の連合国艦隊攻撃を直接指示するため ラバウル基地に来ていた山本は、前線航空基地の将兵の労をねぎらうため戦闘機による前線への視察を実施します。しかし、この計画はアメリカが無線傍受し暗号を解読していたため筒抜けであったたそうです。山本はブーゲンビル島上空で米軍機に撃墜されて戦死。
 当初、山本長官の戦死は全軍の士気に大きな影響を与えるとして秘匿されますが、約一月後に遺骨が東京に到着すると戦死の事実が公表され国葬が行われ、東郷平八郎元帥の墓の隣りに葬られます。その後、遺骨は新潟県長岡市の長興寺に改葬されますが多磨霊園の墓はそのまま残されたそうです。

噴水塔
噴水塔

山本五十六の墓
山本五十六の墓

多磨霊園 7-特-1-2


スポンサーサイト

| 昭和時代 | 07:19 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。