烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

多磨霊園 東郷平八郎の墓

 東京都府中市から小金井市にまたがる都立霊園「多磨霊園」は、大正12年(1923)に東京市により整備された日本初の公園墓地であり、128万平方メートル(東京ドーム27個分)の広大な敷地の中にはバスも通っています。青山墓地・谷中墓地などの公営墓地が手狭となったために整備されたのですが、東京市街から遠く離れた場所にあるため当初不人気で申し込む人はあまりいなかったそうです。しかし、しかし昭和9年(1934)に東郷平八郎元帥海軍大将が名誉霊域に埋葬されたことにより知名度が一気に上がり、以降利用者が大幅に増えたため現在は、改葬などで空いた場所のみの使用募集となっています。

多磨霊園入口
多磨霊園入口

 鹿児島藩士であった東郷平八郎は戊辰戦争に従軍。維新後、明治4年(1871)にイギリス海軍に留学します。帰国後、海軍中尉となり、日清戦争では浪速艦長として活躍。その後、海軍大学校長、常備艦隊司令長官、舞鶴鎮守府司令長官等を歴任し、日露戦争においては、連合艦隊司令長官として自ら主要作戦を指揮、ロシアのバルチック艦隊を日本海海戦で全滅させます。大正2年(1913)には元帥となり、晩年も海軍の長老として昭和9年(1934)に86歳で亡くなるまで影響力を保持していました。
 世界的に有名で各国の軍人から尊敬されていた東郷の国葬には各国海軍の儀礼艦が訪日し、イギリス海軍重巡洋艦「サフォーク」、アメリカ海軍重巡洋艦「オーガスタ」、フランス海軍軽巡洋艦「プリモゲ」が日本艦隊と共に横浜港で半旗を掲げ、弔砲を発射。イタリア海軍巡洋艦「クアルト」、中華民国巡洋艦「寧海」も葬儀後に横浜へ駆けつけています。
 東郷は、生前に自分が死後、神として祀られるのを拒否していたと言われています。また、墓は母親の眠る青山墓地への埋葬を希望していたそうですが、いずれも聞き入れられず軍神として崇められることとなります。第二次世界大戦後、GHQでは日本の軍国主義につながるものを排除していきましたが、アメリカにおいても東郷を尊敬する人々は多く、東郷に関するものには手を出さなかったといいます。
 東郷は強くはありませんでしたが囲碁が趣味だったと言われ、同じく軍神として崇められた乃木希典も囲碁好きだったため、明治44年に天皇の名代として二人がイギリス国王の戴冠式に出席した際には、その船旅の中で毎日二人で囲碁をしていたそうです。

東郷平八郎の墓
東郷平八郎の墓

多磨霊園 7-特-1-1

スポンサーサイト

| 明治・大正時代 | 19:29 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。