烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

龍源寺 近藤勇の墓

 禅林寺で森鴎外と太宰治の墓にお参りした後、バスで西武多摩川線の多摩墓地前駅方面へ向かい、三鷹市大沢にある龍源寺へ行きました。
 曹洞宗大沢山龍源寺は、新選組局長近藤勇の生家宮川家の菩提寺で、近藤勇とその子孫の墓も建立されています。西武多摩川線の多摩墓地前駅からは人見街道沿いに三鷹市役所方面へ約1km向かったところで、都立野川公園の南側、竜源寺バス停があるため分かりやすい場所にあります。
 新撰組局長として京都で活躍した近藤勇でしたが、慶応4年(明治元年、1868)「鳥羽伏見の戦い」の敗北により江戸へ引き上げると、甲府城(山梨県甲府市)をおさえるために新選組を「甲陽鎮撫隊」と改名し出陣します。しかし、甲府は先に新政府軍に制圧され、奪回を狙った「甲州勝沼の戦い」で敗れた近藤は敗走、越谷の政府軍本営に出頭します。
 捕まった近藤は当初、大久保と名乗っていましたが、近藤の顔を知るものがいたため見破られ、総督府が置かれていた板橋宿まで連行。中仙道板橋宿近くの板橋刑場で斬首されます。享年35(満33歳)。首は京都の三条河原で晒し首とされます。
 一方、体の方は板橋処刑場の近く、現在のJR板橋駅前に埋葬されますが、勇の娘婿勇五郎(勇の長兄音五郎の次男)や門人たちにより密かに運び出され、龍源寺へ改葬されたと伝わっています。
 近藤勇の墓は本堂裏手の墓地にあり、近藤家の墓所には勇の甥で娘婿の近藤勇五郎(天然理心流剣術5代目宗主)や勇五郎の次男で天然理心流剣術7代目宗主の新吉(後妻の子で勇の血は引いていない)の墓もありました。

龍源寺本堂
龍源寺本堂

近藤勇像と碑
近藤勇像と碑

近藤家の墓所
近藤家の墓所

近藤勇の墓
近藤勇の墓

三鷹市大沢6-3-11
スポンサーサイト

| 幕末・明治維新 | 07:58 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。