烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

禅林寺 森鴎外の墓

 東京都三鷹市にある禅林寺は、黄檗宗の寺院で、山号は霊泉山です。江戸時代初期に発生した「明暦の大火」によって移住させられてきた神田連雀町の町民により浄土真宗本願寺派の寺院として創建されたのが始まりで、元禄13年(1770)に台風により倒壊、黄檗宗の賢洲元養が再興し、禅林寺に改名したそうです。
 禅林寺は文豪・森鴎外と太宰治の墓があることで知られています。森鴎外(本名:森 林太郎)は代々津和野藩主、亀井家の御典医をつとめる森家の跡継ぎとして生まれ、明治維新後は第一大学区医学校(現・東京大学医学部)を卒業後、陸軍軍医となり、明治17年(1884)より4年間ドイツへ留学した鴎外は帰国後、外国文学などの翻訳を行い高く評価され文筆活動を開始、ドイツ留学時の体験を描いた名作「舞姫」などを発表します。
 明治40年(1907)に陸軍軍医総監(中将相当)に昇進し、軍医のトップである陸軍省医務局長に就任した鷗外は、文壇でも重鎮として活躍し、大正11年(1922)に腎萎縮、肺結核のため60歳で亡くなります。
 森鴎外の墓石は遺言により一切の栄誉と称号を排して「森林太郎ノ墓 」とのみ刻まれています。墓碑銘も遺言により中村不折が筆しています。中村は鴎外と親交があった明治から昭和初期にかけて活躍した洋画家で書家です。夏目漱石「吾輩は猫である」の挿絵画家としても知られています。
 なお、墓は当初、上京した際に住んでいた向島の弘福寺に建立されましたが、関東大震災後に禅林寺へと出生地・津和野町の永明寺に改葬されたそうです。

禅林寺
禅林寺

森鴎外の墓
森鴎外の墓

【関連記事】 弘福寺

東京都三鷹市下連雀4-18-20
スポンサーサイト

| 明治・大正時代 | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。