烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

井の頭弁財天

 井の頭公園の池畔にある「井の頭弁財天」は、源頼朝が平家追討の祈願成就に感謝して建久8年(1197)建立したと言われ、新田義貞が鎌倉幕府討伐に出陣した際にも祈願したと伝わっています。近くにある大盛寺が別当寺として管理しています。

井の頭弁財天 井の頭池
井の頭弁財天と井の頭池

 井の頭弁財天の裏手に「銭洗い弁財天」がありました。また、井の頭弁財天前の狛犬の姿がユーモラスだったので、思わず写真におさめてしまいました。

銭洗い弁財天 狛犬
銭洗い弁財天と、ユーモラスな狛犬

 宇賀神は、日本で中世以降信仰された神で、その姿は人頭蛇身で、とぐろを巻いた形で表現されています。農業の神様として信仰されてきましたが、仏教と融合して弁財天と同一視されるようになったそうです。

宇賀神像
宇賀神像

三鷹市井の頭4-1

スポンサーサイト

| 歴史あれこれ | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。