烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

井の頭自然文化園

 東京都武蔵野市と三鷹市にまたがる都立公園「井の頭恩賜公園」は、総面積約38万m²と広大な面積を誇ります。その中心にある井の頭池と一帯の林は江戸時代には幕府御用林として保護されてきましたが、明治維新後は東京府が買収し、大正6年(1917)に 恩賜公園として開園しています。
 「井の頭恩賜公園」の3分の1を占める「井の頭自然文化園」では、樹木に囲まれた園内で、アジアゾウの「はな子」や、ニホンカモシカ、アライグマなどが飼育されていて、「モルモットコーナー」や「ヤギ舎」、「リスの小径」では動物と触れ合えるなど、地元の住民の憩いの場となっています。

井の頭自然文化園入口
井の頭自然文化園入口

園内
園内

園内案内図
園内案内図

鹿
園内の動物

藤棚
藤棚

東京都武蔵野市御殿山1-17-6
スポンサーサイト

| 東京散歩 | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。