烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

西日本最大級の「花見潟墓地」

 鳥取県東伯郡琴浦町の海岸に面する花見潟墓地(はなみがたぼち)は、約2万の墓が東西約350メートルに渡って立ち並ぶ、自然発生型としては西日本最大級の墓地です。

花見潟墓地
花見潟墓地

 花見潟墓地内にある「赤﨑殿塚」は、「船上山の戦い」で幕府方として後醍醐天皇と戦い、そのまま、この地に住みついた武将・赤﨑氏を供養した塚です。「赤﨑」はこの辺りの地名で合併で「琴浦町」が出来る以前は、ここは「赤崎町」と呼ばれていました。
 塚の創建時期は不明ですが、現在の碑は、文政3年(1820)に再建されたものだそうです。

赤﨑殿家
赤﨑殿家

 花見潟墓地内には、ここでしか見られない宝塔「赤崎塔」があります。鎌倉末期の作で、安山岩製・高さ約3mの宝塔様式と宝篋様式の二様式を持つのが特徴です。

赤崎塔
赤崎塔

 韓国で平成22年(2010)に放送された韓国ドラマ「アテナ:戦争の女神」は鳥取県内でロケが行われ、「花見潟墓地」では壮絶な銃撃シーンが撮影されています。
 鳥取県では放送に合わせ、韓国からの観光客増加を期待しましたが、日韓関係の冷え込みにより、あまり成果は上がらなかったようです。
 現地には撮影時のパネルが残されていました。

韓国ドラマ「アテナ」を紹介した案内板
韓国ドラマ「アテナ」を紹介した案内板

鳥取県東伯郡琴浦町赤碕
スポンサーサイト

| 歴史あれこれ | 08:18 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。