烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

光の鏝絵

 鳥取県東伯郡琴浦町の光(みつ)地区では、48戸の集落のうち24棟に鏝絵が施されています。これだけ鏝絵がある建物が密集しているのは全国的にも珍しいそうで、「鏝絵の里」として知られています。光地区を散策すれば、左官職人が作り上げた、みごとな芸術品を次々と見ることが出来ます。
 鏝絵とは、江戸末期から昭和初期にかけて全国的に流行した庶民の建築文化で、漆喰壁に鏝で福神や動物、植物などの浮き彫り模様を塗り、絵画的、装飾的に付けたものです。
 鏝絵には家内安全や無病息災などを願う家主の思いが込められており、「鶴・亀・鯉・松竹梅・巾着・打出の小槌、瑞雲・立浪」など、それぞれの家の好みによって様々な模様が取り付けられています。
 しかし、あくまで民家ですので、見学の際には、断りもなく敷地内に立ち入ることのないよう注意しましょう。

光の案内板
光の案内板

鏝絵1
鏝絵が施された建物

鏝絵2
鯉の模様の鏝絵

鏝絵3
打出の小槌の鏝絵

鏝絵4
亀の鏝絵

鳥取県東伯郡琴浦町光

スポンサーサイト

| 旅行記 | 08:18 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。