烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

後醍醐天皇上陸候補地 「隠岐の神塚」

 元弘3年(1333)、元弘の変によって配流の身となった後醍醐天皇が隠岐の島を脱出し辿り着いた場所として、御来屋漁港にある「後醍醐天皇お腰掛けの岩」を紹介しましたが、一説によれば、後醍醐天皇の上陸地は御来屋漁港ではなく、少し東側にあった逢坂港であったとも言われています。
 逢坂港に辿り着いた天皇は塚の上で休まれ、のどが渇いたと申されたため、村人が清水を運んで差し上げたと伝わっています。その場所が「隠岐の神塚」です。
 現在、逢坂の海岸近くにある「隠岐の神塚」には、昭和8年に船上山義挙600年を記念し「後醍醐天皇御着船地」の碑が建立されています。また、塚には小さな祠がありますが、その御祭神は後醍醐天皇であると伝えられています。

隠岐の神塚
隠岐の神塚

後醍醐天皇御着船地碑
後醍醐天皇御着船地碑

隠岐の神塚近くの風力発電機
隠岐の神塚近くの風力発電機

鳥取県西伯郡大山町岡
スポンサーサイト

| 鎌倉時代 | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。