烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

お船頭山

 木ノ根神社から国道9号線を挟んで反対側にある山は「お船頭山」と呼ばれています。狭い農道を上がっていくと山頂が公園になっていて、その端に大きな碑が建っています。ここは、隠岐の島より後醍醐天皇を運んだ船頭を葬った場所と言われています。船頭は後醍醐天皇を無事に運んだ後、故郷へ帰ることなく病に倒れ、「故郷の隠岐島が見えるところに葬って欲しい」という遺言によりこの場所に弔われたそうです。

お船頭山の公園
お船頭山の公園

船頭を祀った塚
船頭を祀った塚

お船頭山から臨む日本海
お船頭山から臨む日本海

鳥取県西伯郡大山町下市
スポンサーサイト

| 鎌倉時代 | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。