烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

名和氏館跡

 名和氏の菩提寺である長綱寺の近くに名和長年の屋敷跡があります。当時の山陰道の要所で西側に東谷川が流れ、東に土塁と堀がありました。また、長綱寺の裏山は名和氏の詰城となっていたそうです。村人は屋敷跡の場所を「又太郎屋敷」や「デーノヤシキ(殿の屋敷のこと)」と呼んでいたそうです。
 名和氏館跡にある碑は天保6年(1835)に鳥取藩主の池田治道の遺命により建立されたものだそうです。


名和長年屋敷跡
名和氏館跡

名和神君碑
名和神君碑

鳥取県大山町名和85
スポンサーサイト

| 鎌倉時代 | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。