烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

南禅寺

 臨済宗南禅寺派の大本山・南禅寺は日本最初の勅願禅寺で、京都五山や鎌倉五山の上におかれる、禅寺のなかで最も高い格式をもつ寺院です。
 正応4年(1291)に亀山法皇が無関普門を開山として創建した南禅寺は、建武元年(1334)に後醍醐天皇により京都五山の第一とされますが、至徳3年(1385)に足利義満が自ら建立した相国寺を五山の第一とするために南禅寺を「別格」として五山のさらに上に位置づけます。
 応仁の乱により伽藍がほとんど焼失ししますが、江戸時代に入り徳川家康の政治的ブレインで、「黒衣の宰相」と呼ばれた金地院崇伝が入寺し、再建されています。




Imag3876
中門



勅使門は寛永18年(1641)に、御所の日ノ御門を移築したものと言われています。




Imag3875
勅使門




 南禅寺の三門は歌舞伎の「楼門五三桐」において石川五右衛門が「絶景かな絶景かな」と叫んだとされる場所です。ただし実際の三門は五右衛門の死後30年以上経った寛永5年(1628)に建築されたものです。
 五間三戸の2階建ての門で、藤堂高虎が大坂夏の陣で戦死した一門の冥福を祈るため寄進したものだそうです。
 知恩院三門、東本願寺御影堂門とともに、京都三大門の一つに数えられています。




Imag3877
三門




 三門の手前に句碑が建立されていました。森永湛堂老師自筆の句碑で



    「この門を 入れば涼風 おのづから」



 この場所に立ってみると、まさにそれを実感できます。




Imag3878
森永湛堂老師自筆の碑




Imag3883
三門の上から




Imag3882
三門から望む市街地



 法堂は明治28年(1895)に火災により焼失したため、明治42年(1909)に再建されたものです。



Imag3887
法堂




京都府京都市左京区南禅寺福地町86



スポンサーサイト

| 歴史あれこれ | 05:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://igoshi.blog.fc2.com/tb.php/119-7f0a4c16

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。