烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

小村寿太郎の墓

 明治期の外交官で外務大臣を歴任した小村寿太郎は、安政2年(1855年)に、日向国飫肥藩(宮崎県日南市)の下級藩士の家に生まれ、アメリカのハーバード大学留学を経て司法省に入省し、大審院判事を務めます。
 明治17年(1884)に外務相に転じると陸奥宗光外相の知遇を得て明治26年(1893)に清国,臨時代理公使を務め日清戦争後の事後処理にあたります。
 明治34年(1901)、第1次桂内閣で外務大臣に就任。日英同盟締結に尽力し、日露戦争後の明治38年(1905)にはポーツマス会議日本全権としてロシア側と交渉し、ポーツマス条約を調印します。なお、ロシアはアメリカの仲介により和平交渉に応じたものの、まだ十分に余禄を持っていたため強行な態度を崩さず会議は難航、日本への樺太南部の割譲、およびロシアの満州、朝鮮半島からの撤兵は決まったものの戦争賠償金には一切応じませんでした。そのため、戦争のために増税を強いられてきた国民の不満が爆発し「日比谷焼打事件」などの暴動が発生します。暴徒化した国民は小村邸への投石も行ったそうです。
 小村寿太郎は一貫して日本の大陸進出を主張してきた人物で、韓国併合にも大きく関わっています。その風貌や低い身長から「ねずみ公使」と仇名されていたそうです。 清国の政治家、李鴻章と対面した際、巨漢の李が「日本人とは皆閣下のように小さいのか」と背の低さを嘲笑ったところ、「我が国では、大男 総身に智恵が回りかねといいます」と切り返したという逸話が残っています。
 明治44年(1911)に日米通商航海条約を調印し、幕末以来の不平等条約を解消して関税自主権の回復を果たした小村寿太郎は、同年の桂内閣総辞職により政界を引退、同年11月26日に56歳で亡くなり青山霊園に葬られました。

小村寿太郎の墓

青山霊園 1種ロ8号

スポンサーサイト

| 明治・大正時代 | 07:00 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

小村寿太郎の囲碁の逸話

 小村寿太郎について囲碁の逸話があります。
 小村は、読書と囲碁が趣味だったそうで、米国公使として訪米したときも、碁盤と碁石を持っていったそうです。
 公使館での囲碁の相手は、もっぱら海軍の留学生として訪米していた秋山真之だったそうです。
 秋山は、後に連合艦隊司令長官東郷平八郎の下で作戦参謀として活躍し日露戦争勝利に大きく貢献します。
 小村は外交で日露戦争で活躍しますが、二人がいっしょに囲碁を打つ仲だったとは知りませんでした。

| 烏鷺 | 2016/09/18 17:50 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。