烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

初代文部大臣 森有礼の墓

 明治期の政治家で、初代文部大臣を務めた、森 有礼(もり ありのり)は青山霊園に眠っています。
 弘化4年(1847)に薩摩藩で生まれた有礼は、元治元年(1864)頃より藩の開成所に入学し英学講義を受け、慶応元年(1865)にはイギリスへ密航し留学しています。
 その後、ロシア、アメリカと歴訪し、明治維新後に帰国すると福澤諭吉や西周らと共に啓蒙思想団体「明六社」を結成します。
 明治8年(1875)には、東京銀座尾張町に一橋大学の前身である商法講習所を設立するなど教育活動に力をいれ、明治18年(1885)第1次伊藤内閣にて初代文部大臣に就任します。
 文部大臣として学位令の発令や学校制度の整備に奔走し、伊藤内閣に続く黒田内閣でも留任ますが、明治22年(1889)2月11日の大日本帝国憲法発布式典の日に急進的な改革に反発した国粋主義者に襲撃され翌日に死去します。享年43歳でした。
 森有礼の政策は斬新すぎて、英語を日本の国語にという主張もありましたが、学校に運動会を導入するなど現代に根付いた政策も残されています。

森有礼の墓

青山霊園 1種イ1号12側2番
スポンサーサイト

| 明治・大正時代 | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。