烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

幕臣 大鳥圭介

 大鳥圭介は播磨赤穂郡赤松村の医師、小林直輔の子として天保4年に生まれます。岡山藩の関谷学校で漢学を学んだ後、緒方洪庵の適塾で蘭学を学び、やがて、江戸へ出ると坪井忠益の塾に入る一方、江川太郎左衛門から兵学を、中浜万次郎から英語を学んでいます。
 様々な学問を習得した大鳥は、安政5年に幕府開成所の教授に就任、その後、陸軍で歩兵指図役頭取、歩兵奉行と昇進していきます。また、豊富な西洋の知識を活かして二院制議会の採用を上申するなど幕臣としても活躍しています。
 戊辰戦争が勃発すると大鳥圭介は小栗上野介らと共に、徹底抗戦を主張。各地を転戦した後、函館の五稜郭にて旧幕府軍は「蝦夷共和国」建国を宣言しますが、大鳥は選挙により陸軍奉行に就任しています。しかし、明治2年に「蝦夷共和国」は新政府軍の総攻撃で壊滅し、投降した大鳥は投獄されます。明治5年に出獄し、すぐに新政府に出仕した大鳥は開拓使御用掛に就任。学習院院長等を歴任しました。
 その後、外交官に転じると明治22年(1889)には駐清国特命全権公使、および朝鮮公使を兼任。日清戦争開戦直前の困難な時期に外交交渉に当たっています。明治27年(1894)に帰国すると枢密顧問官に転じ、明治33年(1900)に男爵を授けられています。
 そして、明治44年(1911)に神奈川県足柄下郡国府津町の別荘において食道癌のため死去。享年78歳でした。

大鳥圭介の墓
大鳥圭介の墓(中央後方)、手前左が夫人の墓、右は息子の農学博士・大島次郎の墓

青山霊園 1種イ1号2側2番
スポンサーサイト

| 幕末・明治維新 | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。