烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

太田姫稲荷神社

 昔、京都の東南、山城国の一口(いもあらい)の里に一口稲荷神社がありました。承和6年(839)に平安時代前期の官僚、学者、歌人であった小野篁(おののたかむら)が「太田姫の命」という神様に助けられ祀ったと言われる神社で、穢を洗い清めてくれるとして人々の信仰を集めてきました。
 時は流れ、室町時代中期に、関東一帯で天然痘が流行します。この時、江戸城を築城した戦国武将・太田道灌の娘も病いにかかり生死の境をさまよいます。道灌は「一口稲荷神社」の噂を聞き、姫の平癒を祈願したところ天然痘が治癒したそうで、喜んだ道灌は神社を勧請して旧江戸城内に建立したと言われます。
 徳川家康が江戸へ入府した後、慶長11年(1606)に江戸城の改築により、一口稲荷神社は江戸城外の鬼門にあたる神田川のほとり(現在の神田駿河台4丁目、聖橋南詰あたり)に移転します。
 明治5年(1872)には「太田姫稲荷神社」と改称しますが、大正12年(1923)の関東大震災で社殿が焼失してしまいます。
 神社は昭和3年(1928)に再建されましたが、昭和6年(1931)に、御茶ノ水駅の総武線拡張により、現在地へと移築されています。

太田姫稲荷神社境内
太田姫稲荷神社境内

拝殿
社殿

太田姫稲荷神社縁起
太田姫稲荷神社縁起

東京都千代田区神田駿河台1-2
スポンサーサイト

| 歴史あれこれ | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。