烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

開成学園発祥の地

 東京大学合格者数が日本一で知られる開成学園。その発祥の地の碑が千代田区神田淡路町二丁目にある複合施設ワテラスに隣接する区立淡路公園にあります。
 「開成学園」は、明治4年(1871)に幕末の進歩的な知識人であった佐野鼎によって創立されます。佐野は、欧米の教育事情を視察し、日本にも欧米なみの学校が必要であると痛感。帰国後に「共立学校」を創立します。佐野が若くして亡くなり学校は廃校同然となりますが、当時、大学予備門の教師をしていた高橋是清(後の第20代内閣総理大臣)が初代校長として就任し、今日の学園の基礎を築きます。
 その後、明治28年(1895)に、校名を「共立学校」から「開成尋常中学校」に変更。 関東大震災により校舎が焼失し、大正13年に現在の日暮里に移転しています。

新坂
ワテラスと区立淡路公園

開成学園発祥の地碑
開成学園発祥の地碑


千代田区神田淡路町2-27
スポンサーサイト

| 明治・大正時代 | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。