烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

夏目漱石ゆかりの井上眼科病院

 神田駿河台のニコライ堂の道向にある「井上眼科病院」は明治14年(1881)に東京大学医学部助教授を務めていた井上達也により創設されました。ニコライ堂が建立されるより前の事です。
 井上達也は、嘉永元年(1848)に徳島県板野郡松坂村矢武にて、漢方医として藩医を勤めていた井上肇堂の四男として生まれ、明治3年(1870)に上京して大学東校(後の東京大学医学部)に入学。外科学、解剖学、産婦人科学、眼科学を習得します。
 明治9年(1876)に東京医学校の眼科掛(医学部眼科教室の初代講座主任)、さらに医学部通学生眼科臨床教授を担当しています。
 「井上眼科病院」は、当初、「済安堂医院」と呼ばれ、井上達也は「剛膜切開法」「井上式白内障手術法の開発」わが国初の「防腐的前房洗浄法」や「井上式試視力表」などの研究を行い、世界的な眼科医として評価されます。
 明治23年(1890)には煉瓦造り4階建てで、無菌手術室、蒸気消毒室、ツァイス製角膜顕微鏡など最新設備を備えた病院を建設。当時、夏目漱石など著名人も多く通っていたといいます。
 夏目漱石はトラホームの治療で井上眼科病院に通っていましたが、親友の正岡子規に送った手紙の中に、病院で出合った女性に一目ぼれしたと書き綴っています。

井上眼科
ニコライ堂横の井上眼科病院(茶色い建物)

東京都千代田区神田駿河台4-3
スポンサーサイト

| 明治・大正時代 | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。