烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「湯島聖堂」再び

 数年ぶりに「湯島聖堂」を訪れました。 「湯島聖堂」は、元禄3年(1690)に林羅山が上野忍岡(現在の上野恩賜公園)の私邸に建てた孔子廟と林家の私塾を、徳川五代将軍綱吉が儒学の振興を図るために湯島に移転させたのが始まりで、寛政9年(1797)には林家の私塾は幕府直轄の「昌平坂学問所」となります。「昌平校」とも呼ばれた学問所は日本の学問の中心地として多くの人材を輩出してきました。
 大正11年(1922)に湯島聖堂は国の史跡に指定されますが、翌12年(1923)に関東大震災が起こり、入徳門と水屋以外、すべての建物が焼失します。現在の「大成殿」(孔子廟)は昭和10年(1935)に寛政時代の旧制を模し鉄筋コンクリート造りで再建されたものです。
 「大成殿」は土、日、,祝日のみ中が公開されています。前回は閉まっていたので今回こそはと思ったのですが、なんと、その日のみ12時までの公開となっていて、わずかの差で入ることが出来ませんでした。残念。

仰高門
仰高門

土塀
土塀

大成殿
大成殿

【関連記事】  湯島聖堂

東京都文京区湯島1−4−25
スポンサーサイト

| 江戸時代 | 19:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。